暴行・傷害などの事件

暴行・傷害事件は、対立する人間関係の間で発生することが多く、加害者側と被害者側で、暴行の態様などに関する認識が異なることが少なくありません。

そのため、被疑者・被告人側としては、まず、暴行の態様を明確にすることが必要になります。

被疑者・被告人の主張を前提に、目撃者や被害者の供述が信用できるものであるかを検討していくことになります。

また、自白事件の場合には、被害者側と示談できたか否かという点も、処分を決めるうえでの重要な考慮要素となります。

示談交渉にあたっては、被疑者・被告人に代わり、弁護人が、冷静に被害者側と示談交渉を行うことができます。

弁護士による茨城県南西エリア 刑事弁護相談

迅速な弁護活動が刑事事件の解決には不可欠です。地元密着の弁護士が事件解決に導きます。

新規相談受付専用ダイヤル:0120-074-019

相談予約受付時間:24時間(年末年始除く)

メール・FAX24時間受付

初回無料法律相談受付

被疑者、被疑者の家族の方

0120-074-019 相談予約受付時間:24時間(年末年始除く)

メール・FAX24時間受付

無料でお受けできない相談内容もございます。詳細はお問合わせ下さい。
水戸ひたちなか事務所
つくば土浦事務所
常総守谷事務所
日立北茨城事務所