薬物関係の事件

薬物犯罪は、他の犯罪に比べ、捜索・押収や採尿手続といった証拠の収集、身体拘束について、違法捜査が問題となりやすいといわれています。

被疑者・被告人が自らこれを訴えてもなかなか認められませんが、弁護人がつくことにより、違法捜査に抗議し、また、違法に収集された証拠を排除するよう求めていくことができます。

薬物犯罪は、初犯か否かや使用量・所持量、使用頻度などにより、量刑が決定されます。自白事件の場合、薬物に手を出すに至った経緯や依存の程度を説明するとともに、治療機関への通院や生活の立て直しといった今後の見通しを具体的に説明することが必要になります。裁判では、弁護人が、このような事情について説明し、いわゆる情状弁護を行います。

弁護士による茨城県南西エリア 刑事弁護相談

迅速な弁護活動が刑事事件の解決には不可欠です。地元密着の弁護士が事件解決に導きます。

新規相談受付専用ダイヤル:0120-074-019

相談予約受付時間:24時間(年末年始除く)

メール・FAX24時間受付

初回無料法律相談受付

被疑者、被疑者の家族の方

0120-074-019 相談予約受付時間:24時間(年末年始除く)

メール・FAX24時間受付

無料でお受けできない相談内容もございます。詳細はお問合わせ下さい。
守谷取手本部事務所
水戸ひたちなか事務所
つくば土浦事務所
日立北茨城事務所