痴漢・わいせつなどの事件

痴漢・わいせつ事件は、これまでに刑事手続を受けた経験のない人が被疑者となることが多い傾向にあります。そのため、被疑者は、精神的にも肉体的にもきわめて不安定な状況に陥ります。また、突然の身柄拘束により、通学・通勤先へ及ぼす影響も大きなものとなります。

弁護人は、精神的に不安定な状況にある被疑者に対し、供述調書の意味や取調べへの対応、刑事手続の流れなどを説明するほか、捜査機関や裁判所に対し、身体拘束の必要がないことを訴え、身体拘束からの解放を求めて弁護活動を展開します。

自白事件であれば、示談交渉を行うことも考えられますが、捜査機関が、被疑者・被告人本人に被害者の情報を伝えることはまずありません。そのため、弁護人が被害者の情報を取得し、被疑者・被告人を同伴させずに、示談交渉を行うことになります。

弁護士による茨城県南西エリア 刑事弁護相談

迅速な弁護活動が刑事事件の解決には不可欠です。地元密着の弁護士が事件解決に導きます。

新規相談受付専用ダイヤル:0120-074-019

相談予約受付時間:24時間(年末年始除く)

メール・FAX24時間受付

初回無料法律相談受付

被疑者、被疑者の家族の方

0120-074-019 相談予約受付時間:24時間(年末年始除く)

メール・FAX24時間受付

無料でお受けできない相談内容もございます。詳細はお問合わせ下さい。
水戸ひたちなか事務所
つくば土浦事務所
常総守谷事務所
日立北茨城事務所