詐欺・万引きなどの事件

被疑者が万引きを認めている場合は、被害者との示談交渉によって起訴猶予処分を目指します。

示談交渉が難しいときは、略式命令(罰金刑)による処分も視野に入れることがあります。また、万引きなどの窃盗事件では、量刑の決定にあたり、被害弁償の他にも、常習性の有無、生活の立て直し、就職先の確保などが重視されます。そのため、生活の立て直し等今後の見込みを立てたうえで、裁判では、上記のような事情を訴えていくことになります。

詐欺は、無銭飲食等の比較的被害金額が少ないものから、会社取引等の金額が大きいものまで多々ある他、近年は、振り込め詐欺の態様も実に様々となってきています。

このように、詐欺の態様は様々ですが、通常の詐欺事件では、返済能力や返済の意思の有無が最大の問題となります。

被疑者・被告人に返済能力や返済意思があれば、詐欺の故意がないということになり、詐欺罪が成立しないからです。

そのため、否認事件では、被疑者・被告人に返済能力や返済意思があることを示す証拠を提示し、詐欺罪の成立を争っていくことになります。また、返済能力や返済意思がないことの直接的な証拠は、被疑者・被告人の自白ですから、弁護人は、被疑者・被告人に対し、不本意な自白をしないようアドバイスすることもあります。

弁護士による茨城県南西エリア 刑事弁護相談

迅速な弁護活動が刑事事件の解決には不可欠です。地元密着の弁護士が事件解決に導きます。

新規相談受付専用ダイヤル:0120-074-019

相談予約受付時間:24時間(年末年始除く)

メール・FAX24時間受付

初回無料法律相談受付

被疑者、被疑者の家族の方

0120-074-019 相談予約受付時間:24時間(年末年始除く)

メール・FAX24時間受付

無料でお受けできない相談内容もございます。詳細はお問合わせ下さい。
守谷取手本部事務所
水戸ひたちなか事務所
つくば土浦事務所
日立北茨城事務所