早いタイミングでの刑事弁護の重要性(弁護士が素早く対応します)

刑事手続という苦しみ

逮捕・勾留された「被疑者」の方は、必ず弁護士に対し、「早く出たい」と言います。

行動の自由を奪われた状態で、連日、捜査機関から取り調べされることは、想像以上の苦しみです。

また、勤務先からの解雇を心配しなければならなかったり、事業への支障を心配しなければならなかったりするケースもあります。それ以上に、残されたご家族等へご心配もあります。

しかし、特に接見禁止という処分が付いている場合は、残念ながら、ご家族といえども面会さえも許されず、ご家族等の関係者の方ができることは多くないのです。

弁護人選任は早い方が良い

刑事手続は、逮捕(2日以内)→起訴前勾留(原則として20日以内)→起訴→判決というように容赦なく手続が進行していきます。

弁護人は、被疑者の身体の解放活動を行い、被疑者の方とご家族等関係者の方の連絡の橋渡し役になり、刑を軽くするために被害者との示談交渉も行うことができます。

日本の刑事裁判は、99.9%という極めて高い有罪率を誇ると言われていますが、決して「逮捕された人の99.9%が有罪になる」わけではありません。

99.9%というのは、「裁判になった場合」つまり起訴された場合の話です。

逮捕等されて嫌疑をかけられても、半数前後は起訴されていません。

つまり、「起訴」される前に効果的な弁護活動を行うことが重要なのです

被疑者・被告人の正当な権利を守り、捜査機関に対抗するために、早期に弁護人を選任することが何よりも重要です。

弁護士による茨城県南西エリア 刑事弁護相談

迅速な弁護活動が刑事事件の解決には不可欠です。地元密着の弁護士が事件解決に導きます。

新規相談受付専用ダイヤル:0120-074-019

相談予約受付時間:24時間(年末年始除く)

メール・FAX24時間受付

初回無料法律相談受付

被疑者、被疑者の家族の方

0120-074-019 相談予約受付時間:24時間(年末年始除く)

メール・FAX24時間受付

無料でお受けできない相談内容もございます。詳細はお問合わせ下さい。
水戸ひたちなか事務所
つくば土浦事務所
常総守谷事務所
日立北茨城事務所