少年事件

刑事手続上、20歳未満の者は少年として扱われ、通常の刑事手続とは異なる手続に付され得ます。これは、少年の精神的未熟さに配慮し、また、可塑性と教育的可能性を考慮したためであるとされます。

少年に独自の手続である少年審判は、少年の個別的性格や各人の状況に柔軟に対応できるよう、裁判所の裁量の幅が大きくなっています。そこで、一般に防御能力が低いとされる少年に対する適切な助言と、家庭、学校、職場などと連携を取りながら、健全な育成を図っていくことが必要となり、特に弁護士の役割が大きい事件であるといえます。

弁護士による茨城県南西エリア 刑事弁護相談

迅速な弁護活動が刑事事件の解決には不可欠です。地元密着の弁護士が事件解決に導きます。

新規相談受付専用ダイヤル:0120-074-019

相談予約受付時間:24時間(年末年始除く)

メール・FAX24時間受付

初回無料法律相談受付

被疑者、被疑者の家族の方

0120-074-019 相談予約受付時間:24時間(年末年始除く)

メール・FAX24時間受付

無料でお受けできない相談内容もございます。詳細はお問合わせ下さい。
水戸ひたちなか事務所
つくば土浦事務所
常総守谷事務所
日立北茨城事務所